昔、キャッシング

事業継承対策は専門家に相談

事業継承対策は専門家に相談

事業を次世代に引き継ぐ事業継承ですが、これは法人の会社と個人の会社で手続きが違ってきます。
法人の場合すべてが会社名義で行われていますので、経営者が変わったとしても問題ありません。不確かな点がありましたら事業承継 税理士のサイトをご覧ください。
ただ個人の場合、経営者の名前で手続きしてありますので、その名義を変更する必要があります。
まず現在の経営者の廃業を申請し、それから事業を継承する人の開業の申請を行わなければいけないのです。

 

事業継承の手続きは煩雑で、しかも継承者が決まらないなどのトラブルが起こる可能性もあります。
そんなとき、自分達の力で解決するのは難しいでしょう。
ですから専門家のアドバイスを聞くことも大切です。
商工会議所や会計士、税理士などといったところですね。
迷ったら事業承継 税金に詳しい商工会議所に電話お願いします。
人生は何が起こるかわかりませんから、前もって事業の存続について考えておくべきです。
そうすれば今後どうしたら良いかもわかりますし、今現在何をすべきかも見えてきます。
あらゆるトラブルを考慮した経営戦略が必要なのです。
よく知らない場合は事業承継に詳しい専門家へお電話下さい。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ